とりとめのない大人と子供の記事まとめ http://brownbrotherscattle.com My WordPress Blog Tue, 04 Oct 2016 23:56:07 +0000 en-US hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.4.8 GoogleMapsAPIのプレミアムプラン http://brownbrotherscattle.com/?p=25 http://brownbrotherscattle.com/?p=25#respond Thu, 29 Sep 2016 23:54:59 +0000 http://brownbrotherscattle.com/?p=25 GoogleMapsAPIには標準プランがあり、多くのウェブサイトで利用されていますが、いくつかのポイントでプレミアムプランに移行する方が増えてきています。

GoogleMapsAPIのプレミアムプランはもともとGoogleMapsAPIの呼び出し回数に達するようなウェブサイトが利用することが多かったのですが、さまざまな機能が追加されたことで利用回数に余裕があっても契約する方が多くなっています。

プレミアムプランで用意されている機能はいくつかありますが、その一つが地図の解像度です。

標準プランでは640×640の解像度になりますが、プレミアムプランでは2048×2048となり、かなり大きな地図が利用できます。

社内システムなどでは拡大縮小もよく利用されますので地図の大きさは重要です。

また最大縮尺についても標準が2倍であるのに対し、4倍まで対応してくれます。

GoogleMapsAPIには地図表示の他に周辺情報を取得したり、アセットトラッキングやジオロケーションの機能があります。

これらの機能は標準プランでも利用できますが、一部機能についてはGoogleMapsAPI プレミアムのみとなっています。

企業でのGoogleMapsの利用で増えてきているのがアセットトラッキングと呼ばれる移動体の追跡機能です。

トラックなどの移動をチェックして最適なルートを指示したり、営業ルートの開拓など使える場面が多いことからこれらの機能を使うために契約する企業も増えています。

]]>
http://brownbrotherscattle.com/?feed=rss2&p=25 0
Google Maps API for Workの使い勝手 http://brownbrotherscattle.com/?p=21 http://brownbrotherscattle.com/?p=21#respond Fri, 26 Aug 2016 03:44:47 +0000 http://brownbrotherscattle.com/?p=21 GoogleMapsAPIforWorkは企業、個人問わず使い勝手を特に重要視してAPI設計がされているサービスです。

GoogleMapsAPIforWorkは地図の表示からGPSとの連動、
周辺情報の取得などさまざまな機能が追加されてきています。

そのため、公開されているサービスだけではなく、企業が社員用に作るクローズドサービスでも利用が進んできてます。

社内システムにGoogleMapsAPIforWorkはPREMIUMプランとして利用できるようになっています。

PREMIUMプランでは技術的なサポートはもちろんのこと、
24時間サポートなど企業にとって使い勝手のよいサービスです。

また、STANDARD機能に加えてGPSとの連動が可能になり、社員がシステムをどのように利用しているかもチェックできる機能が追加されることで、
サービスの質を高めることが可能です。

特にGPSとの連動では経路決定、移動先の提示などの機能が自動化され、仕事の効率が上がってきたと好評です。

GoogleMapsAPIforWorkは地図を活かしたトータルサービスを提供していますが、企業にとってはこれまで開発がとても難しかった位置情報とシステムとの連動がスムーズにいくことが最大のメリットと言われています。

社員がどの場所にいて、次の行動はどのようにしたらいいか、これまでの経験と勘で決めていたことから過去のデータから最適な行動を提案することができると期待されています。

]]>
http://brownbrotherscattle.com/?feed=rss2&p=21 0
個人のGoogle Maps API for Work利用 http://brownbrotherscattle.com/?p=17 http://brownbrotherscattle.com/?p=17#respond Tue, 26 Jul 2016 09:17:27 +0000 http://brownbrotherscattle.com/?p=17 Google Maps APIは、地図を使ったサービスに利用できるネットツールです。すでにこのAPIを使って提供されているサービスが、インターネット上に無数に存在します。

企業のみならず個人でも、Google Maps APIを活用したアイデアあるサービスを開発しています。

インターネットの分野では、ちょっとしたアイデアがヒットにつながるケースがよくあります。

Google Maps APIを無償版で開発し、大きなヒットを遂げられたなら有償版のGoogle Maps API for Workへと転換するという手段が有効です。

無償版のAPIであると、一日の利用数などに限界があります。
もし規定以上にアクセスが増えた場合には、追加料金が発生する可能性があります。

個人で始めた地図のネットサービスがビジネスになりそうならば、Google Maps API for Workへの転換が有効です。

多くの利用者に対応できるようになり、地図ネットサービスのさらなる拡充も可能です。
無償版のGoogle Maps APIを始めに選択しても、いずれはGoogle Maps API for Workへとステップアップすることが視野に入ります。

計画的にGoogleMapsAPIを活かすようプランを立てておくと、もしネットサービスがヒットした場合にそのチャンスを逃さずに済みます。

Google Maps API for Workの採用により、どのような料金負担が伴うのかも、契約内容や新しい機能も含めて基礎的な知識を知っておく有効性が高いです。

]]>
http://brownbrotherscattle.com/?feed=rss2&p=17 0
GoogleMapsAPIを使った地図アプリ制作 http://brownbrotherscattle.com/?p=13 http://brownbrotherscattle.com/?p=13#respond Tue, 28 Jun 2016 09:24:26 +0000 http://brownbrotherscattle.com/?p=13 地図アプリは、工夫次第で利便性の高いアプリケーションに仕上げていく事が出来ますが、一から地図アプリに必要

な機能やデータを用意するのは手間がかかり、車輪の再発明になってしまいますので無駄になってしまいます。

そこで、既に高機能な地図アプリとして浸透しているGoogleMapの機能を主要プログラミング言語から使えるようにしてくれるGoogleMapsAPIというライブラリを使えば、より効率良く、目的の地図アプリを開発する事が出来ます。

GoogleMapsAPIには、緯度や経度や住所などを指定する事によってマーカーを設置したり、
GPSによって現在地を表示したり、現在地と目的地までのルート検索が出来るような機能を追加したりといったメソッドやクラスが多数用意されています。

GoogleMapsAPIが持つ多彩な機能を活用する事によって、高性能な地図アプリを開発していく事が可能となります。
GoogleMapsAPIの優れたところは、多彩なプログラミング言語に対応している事です。

JavaScriptやPHPなどWebサイトやWebアプリケーション開発ではお馴染みのプログラミング言語からAPIを呼び出せますので、
一から地図ライブラリを作って開発するよりも、多機能でコード量が少なく済むように設計されています。

APIの使い方に慣れてくれば、色々な機能を地図アプリに導入していくことができ、他のライブラリやフレームワークと組み合わせる事で柔軟性のあるアプリケーションを開発出来ます。

]]>
http://brownbrotherscattle.com/?feed=rss2&p=13 0
制限少ないGoogle Maps API for Work http://brownbrotherscattle.com/?p=9 http://brownbrotherscattle.com/?p=9#respond Tue, 31 May 2016 10:11:19 +0000 http://brownbrotherscattle.com/?p=9 Google Maps APIの大きな特徴は、地図に関する高度な機能を持つ点です。またさらに、一定の利用範囲であれば、

無償で活用できるのも魅力です。

しかし、ビジネスで本格的にGoogle Maps APIを利用しようとすると、制限が大きな問題です。
多くのアクセス利用者があると、すぐにアクセス制限に抵触してしまいます。

そこでGoogle Maps APIでは、有償版のGoogle Maps API for Workが提供されています。

Google Maps API for Workは、無償版よりも多くのアクセス利用者に対応できるのが大きなメリットです。

また取り扱う地図データの解像度も高く、鮮明なイメージ表示ができる利点があります。

またさらにGoogleMapsAPIforWorkは、社内のみでの利用にも対応している点が見逃せません。

無償版のGoogle Maps APIは、基本的にインターネット上の公開サービスにおいて、
その利用を前提としています。

そのため、社内だけでのサービスの開発のために、Google Maps API を利用できません。
この制限をGoogle Maps API for Workでは取り払われているため、企業の従業員だけが用いる地図機能の開発に使えます。

無償版に比較してストレスなく利用が可能なため、多少ライセンス料を支払ってでもGoogle Maps APIを使いたいという企業から、Google Maps API for Workはよく利用されています。

]]>
http://brownbrotherscattle.com/?feed=rss2&p=9 0
スマホ向けGoogle Maps API for Work http://brownbrotherscattle.com/?p=5 http://brownbrotherscattle.com/?p=5#respond Thu, 28 Apr 2016 11:55:03 +0000 http://brownbrotherscattle.com/?p=5 地図は、かつて紙のメディアで用いられるのが常識でした。しかしデジタル技術で地図の利用が可能となると、

その利便性は飛躍的に向上します。

地形や地名の情報が得られるだけでなく、地理に関する多様な情報を地図上で参照可能です。

Google Maps APIは、工夫次第で地図に付加価値を付け加えることができるAPIです。

このGoogle Maps APIを使った地図サービスは、

パソコンだけでなくスマートフォンからの利用者が増えています。

 

利用者の拡大と共に、無料のGoogle Maps APIでは対応が難しくなります。

そこでGoogle Maps API for Workを利用し、

スマートフォンユーザーからの利用に備える必要があります。

スマートフォンユーザーは、

日本のみならず世界中に存在します。

 

急激な利用者拡大にGoogleMapsAPIfor Workで備えておけば、

利用者制限への抵触は気にせずに済みます。

スマートフォンからの利用を想定し、そのインターフェースから利用が便利な地図ネットサービスを、

Google Maps API for Workでならば開発可能です。

またGoogle Maps API for Workはサポートも受けられるため、

スマートフォン向けの地図サービス開発でGoogle Maps API for Workを使用していて、

質問したい事柄があれば、詳しい情報が得られます。

こうした開発を支援する強力なAPIが提供されるようになると、地図サービスは多彩さを見せています。

]]>
http://brownbrotherscattle.com/?feed=rss2&p=5 0