GoogleMapsAPIを使った地図アプリ制作

82f03e2f34742a2b81777059556de0de_s

地図アプリは、工夫次第で利便性の高いアプリケーションに仕上げていく事が出来ますが、一から地図アプリに必要

な機能やデータを用意するのは手間がかかり、車輪の再発明になってしまいますので無駄になってしまいます。

そこで、既に高機能な地図アプリとして浸透しているGoogleMapの機能を主要プログラミング言語から使えるようにしてくれるGoogleMapsAPIというライブラリを使えば、より効率良く、目的の地図アプリを開発する事が出来ます。

GoogleMapsAPIには、緯度や経度や住所などを指定する事によってマーカーを設置したり、
GPSによって現在地を表示したり、現在地と目的地までのルート検索が出来るような機能を追加したりといったメソッドやクラスが多数用意されています。

GoogleMapsAPIが持つ多彩な機能を活用する事によって、高性能な地図アプリを開発していく事が可能となります。
GoogleMapsAPIの優れたところは、多彩なプログラミング言語に対応している事です。

JavaScriptやPHPなどWebサイトやWebアプリケーション開発ではお馴染みのプログラミング言語からAPIを呼び出せますので、
一から地図ライブラリを作って開発するよりも、多機能でコード量が少なく済むように設計されています。

APIの使い方に慣れてくれば、色々な機能を地図アプリに導入していくことができ、他のライブラリやフレームワークと組み合わせる事で柔軟性のあるアプリケーションを開発出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *