スマホ向けGoogle Maps API for Work

20080315_shinjuku_995_w800

地図は、かつて紙のメディアで用いられるのが常識でした。しかしデジタル技術で地図の利用が可能となると、

その利便性は飛躍的に向上します。

地形や地名の情報が得られるだけでなく、地理に関する多様な情報を地図上で参照可能です。

Google Maps APIは、工夫次第で地図に付加価値を付け加えることができるAPIです。

このGoogle Maps APIを使った地図サービスは、

パソコンだけでなくスマートフォンからの利用者が増えています。

 

利用者の拡大と共に、無料のGoogle Maps APIでは対応が難しくなります。

そこでGoogle Maps API for Workを利用し、

スマートフォンユーザーからの利用に備える必要があります。

スマートフォンユーザーは、

日本のみならず世界中に存在します。

 

急激な利用者拡大にGoogleMapsAPIfor Workで備えておけば、

利用者制限への抵触は気にせずに済みます。

スマートフォンからの利用を想定し、そのインターフェースから利用が便利な地図ネットサービスを、

Google Maps API for Workでならば開発可能です。

またGoogle Maps API for Workはサポートも受けられるため、

スマートフォン向けの地図サービス開発でGoogle Maps API for Workを使用していて、

質問したい事柄があれば、詳しい情報が得られます。

こうした開発を支援する強力なAPIが提供されるようになると、地図サービスは多彩さを見せています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *